こんにちはFX主夫です。

昨日、

FX口座開設を申し込んだ

SBI FXトレードから

メールが届いて

FX口座開設することができました。

審査にかかった期間は、

申し込みからメール着信まで

9日でした。

申し込みから

思っていたよりも時間がかかったので、

審査に通るかドキドキでしたが、

これでいとまずはホッとできました。

その後は書類の入った封筒が届き、

銀行口座などの手続きを済ませれば

FXを始めることが出来ます。

それでは

書類封筒の開封から

ログインまでをレポートしたいと思います。

【目次】

待ちに待ったログイン用の書類がついに到着

先日の受け取ったメールから

3日経過しました・・・

口座は開設できているのにログインが

できないという

なんとも『ヤキモキした気分』

ですごしていました。

もしかして・・・

一旦、喜ばせておいて

叩き落とすというメンタル攻撃か?

とも思いましたが、

本日SBI FXトレードから

無事封筒が届きました。

ネット申込みから結局、

12日も掛かりました。

私が無職の主夫だということと、

申込の時に

免許証の写真が不鮮明だったこともあり、

審査が長く掛かったのでしょう。

普通の人は
こんなに時間は掛からないと思います。

きっと大量の資料とか入ってて

凄い分厚い封筒なんだろうな

と思っていましたが、

こんな薄い封筒が届きました。

f:id:fxshuhu:20170207105000j:plain

ここでも、

「えっ? 不採用通知??」とも思いました

封筒の中身はこのようになっています。

f:id:fxshuhu:20170207105547j:plain

3枚の書類しか入っていませんでした。

  1. IDとパスワードが書かれていた紙
  2. ログイン方法が書かれた紙
  3. 日経チャンネルのキャンペーンチラシ

たったこれだけです。

チラシを除けば実質2枚です。

無事ログインIDが発行されていたものの、

マニュアルとかで

手ほどきはしてくれないの??

と、ちょっとビビりながら

『ログイン方法が書かれた紙』

を裏返してみると、

「初心者向けページ、各種マニュアルもございます。」

との一文を発見。

ログイン画面の

「各種マニュアル」

メニューから見ることができました。

https://www.sbifxt.co.jp/manual/index.html

紙のマニュアルが欲しかったなぁ

と私は思いましたが、

ペーパーレスが

世の中の流れなのでしょうね。

各種マニュアル ▶ WEB に進み、マニュアルを読んでみます。

マニュアルはPDFファイルなので、

Acrobat Readerをインストールしていない人は

インストールしてから読みましょう。

SBI FXのページには

Acrobat Readerのリンクが無かったので

ここに貼っておきます。

PDFリーダー、PDFビューア | Adobe Acrobat Reader DC

早速マニュアルを読んでみましたが、

専門用語が多くて

はじめからチンプンカンプンです。(汗)

まだまだ勉強が必要な様です・・・

さっそくSBI FXトレードにログイン

気を取り直して、

とりあえずログインしてみることにしました。

ログイン方法が書かれた紙には

「出金口座をご登録ください。」

と書かれていましたので登録します。

FX口座への入金は振り込みでも可能ですが、

出金はあらかじめ出金口座を

登録しておく必要があります。

これが済んだら、

いざFX取引画面に進んでみます!

f:id:fxshuhu:20170207115943j:plain

この時点でなんだか

ちょっとビビって足がすくみます(笑)

でもここはオトコになって

今回は2万円の予算のうち、

1.5万円を入金しました!

と、言っても

入金しただけなので

何も起きませんけどね。

そしてビビりながらも

とりあえず一回取引を始めよう!

と思ったのですが、

どのタイミングで入ったらいいか

わかりません。

軽く調べてみると・・・

為替が大きく動いている時の方が利益も大きいようです。

で、いざ取引画面に戻って見てみると

あまり相場が動いていません。

ということは

今、取引を始めても

大きな利益が出そうにありません。

そして、

『経済指標の発表後』や

『取引時間』によって

為替相場の値動きが

大きく変化するようです。

まとめ

ひとまず出金口座の登録、

振り込みも面倒臭そうなので

入金口座も登録を済ませ、

『クイック入金』

をできるようにしておきました。

ログインも無事にでき、

取引できる体制は整いましたが、

取引を始めるタイミング、

時間を調べて

勉強する必要があるようです。

次回の記事では

FXの取引時間について

よく調べてみたいと思います。

それでは今日はこの辺で。