こんにちはFX主夫です。

前回、トレードのルールが守れないなら環境を変化させてみるということについて書きましたが、改めて環境って大事だと思います。

環境は付き合う人で変わる

人間が変化するためには住む場所や使う言葉、付き合う人が重要だと言われています。
実を言うと今、FXをやり始めた私の周りには素敵な人々がたくさんになって来て、自分をもっと成長させなければと励む日々です。

もしこれが、なんとなく日々の仕事をこなし、なんとなく休日をすごし、なんとなく歳をとっている人たちに囲まれた環境にいたら、私も「別にわざわざ頑張る必要なんてないかなぁ・・・とりあえず生きているし」となっていたかもしれません。

大抵の人は頑張ろうという気持ちよりも、怠けようとしてしまう気持ちの方が強いんですよね。

実際、そんな環境で勉強を始めようとしてもなかなか集中できませんし、今日も特に何もなかったと終わったという日が多くなってしまいます。

でもこれが、自分が憧れるような人たちに囲まれた環境になると、自然と努力しなきゃいけないような気がして頑張りだすんですよね。
場違いな感じがして居心地が悪くなってしまうんです。

これが前回もお話ししたコンフォートゾーンの変化であり、脱却につながるのです。

しかし、その居心地の悪さも時間が経つと慣れてきてしまいます。
自分より優れた人たちとの会話に多く触れ、その人たちが使う言葉を自分も使うようになり、行動も同じようになってきます。

そうなってくると自分一人の力で変化しようとしていた時のような、自制心やら向上心はほとんど必要なくなってきます。

自制心がなかろうと、怠け心が強かろうと弱かろうとその環境に身を置く限り、嫌でも目や耳などの五感から情報が入ってくるようになります。

その環境に適応できなければ、それはきっと自分に合わない環境なのでしょう。

そんな場合はそこから立ち去るしかありません。

一人で変わろうとするのは、本気で、命を懸ける覚悟で行わないければ、なかなか難しいことだと思います。

師匠を見つけるためには?

師匠や見本となるような人なんて簡単に見つかるわけない、と思うかもしれません。

でも、FXで稼ぎたいという意志を持っている限り必ず出会う機会は訪れます。

それはセミナーかもしれません。

たまたま居酒屋かどこかで隣り合った人かもしれません。

実際に会っていなくたって心の中に師匠を見いだすことだってあります。

インターネットで知り合うのかもしれません。

本の中かもしれません。

新しい環境に身を置くと言うことは、不安が大きいものです。

しかし、不安は行動しない人が感じるものです。

思い切って飛び込んでしまえば不安を感じている暇はなくなるのではないでしょうか?

もし、師匠と思えるような人や見本となるような人と出会える機会があった時は思い切って行動してみるといいかもしれませんね。

思い切った行動をとるということは判断力を鍛えると言う点で、トレードをする上でも役に立つことですよ。

それでは今日はこの辺で。